忘年会で景品を3000円以内に抑える場合は視覚的な効果を狙おう

低予算の場合、用意するもので悩むことも…

忘年会で景品を用意する時、あまり予算がないと効果なものを用意することが出来ずに何を用意するかで頭を悩ませます。まとまった予算を貰っていたとしても、景品を渡す人数が多ければ一人頭の金額は小さくなってしまうので、結局特別なものを用意することが出来ません。一人辺り3000円以内で景品を用意する場合、何に注意をして用意をしたら良いでしょうか。

実用性と外見の美しさを重視しよう

予算が1万円以上で考えられる場合は、例えばテーマパークのチケットや温泉旅館の宿泊券などを用意することも出来ますが、3000円でそれを実現するのは不可能です。かといって予算を増やして欲しいと掛け合うのも現実的ではなく、低予算の場合は実用性と外見の美しさを兼ね合わせたものをチョイスすると多少高級感が生まれます。例えば加湿器を景品に選んだ場合、家電量販店でいかにも加湿器という形状のものを買うのではなく、インテリアのお店でオシャレなデザインの加湿器を購入するとそれだけで良いものを貰ったと感じます。同じ予算でも見た目にこだわりがあるのかどうかで貰った相手の印象も変わりますし、関心を引く度合いも異なります。加湿器は乾燥する季節に使うことが出来ますから実用性もあり、正常に動作をすれば形状はどうであっても問題はありません。

食品類も美しく演出しよう

また、景品として定番なのが食品です。予算が3000円と小さいため、高級食材をチョイスしてしまうと品物がとても小さくなってしまい見た目にも得をしたという感じがしません。これを笑いを取るためにあえて行うという手もありますが、その方法を用いるのも1度きりが限界です。3000円程度のお酒を購入し、それらしく見えるように箱詰めをしてラッピングをして貰えば高級感は出ます。お菓子の詰め合わせも3000円出せばかなり箱が大きくなりますから、こんなにもらったとお得感をアピールすることも出来るでしょう。お肉などの引換券でも良いですし、視覚的な演出をすることで相手に得をしたと思わせることが出来るのです。人は見た目の印象で左右されてしまうところがあり、同じものをあげるのであっても見た目が変化すればそれだけで印象が異なります。安い予算の景品でも見た目が良ければ騙されてくれるものですから、いかに綺麗に見せるかを重視してみましょう。